Blog

獣医療関係者向けブログ

TOP > vol.5 1月の専科診療
2024.02.08
vol.5 1月の専科診療
伊達です。

今回は今月の専科診療について記事にしてみようと思います。
様々な先生にお越しいただき、ハードで目まぐるしい1ヶ月でした。
結果、数年ぶりに風邪ひきました。。が、充実の1ヶ月でした。


1/14 麻布大学金井先生 ラパロspay2頭
毎月いらしていただいていますが、お会いする度に先生の魅力にどハマりです。
ラパロによるspayはルーチンに行う手技ですが、毎回新たな発見があります。


1/8,18 さすらいの外科医塚田先生day
with田中先生、古川先生(麻酔専従医)
2日間で合わせて15件の手術、検査が行われました。
今回から麻酔専従医の古川先生が新たにメンバーに加わりました。女性的な細やかで優しく明るい先生です。 知識も経験も当然ですがハンパでない。麻酔って当たり前ですが大事だなと確認しながら、塚田先生の細やかかつ大胆、的確な手技に見惚れる2日間でした。


1/20.21 日獣大長谷川先生、鈴木亮平先生
この2人が同時に病院にいるなんて、なんとも力強い2日間でした。
まるで日獣大動物医療センターの様相でした。この日はひたすらに鈴木先生の心臓検査が行われ、長谷川先生によるMRI撮像と神経科の診療バックアップがありました。僕の恩師と後輩にあたる先生達です。


1/23 木村太郎先生による整形外科day
今回初めて東京より木村動物病院の木村太郎先生にお越しいただき関節鏡処置、TPLO、パテラ整復手術が行われました。
同世代とは思えない知識と経験の多さ、手技の完璧さには脱帽しました。何より元気!木村先生がいるだけで病院の空気がピリッとしまって全然違う病院になっていました。刺激的でした!


トップへ戻る