だて動物病院

岡山県総社市中央2丁目23番34号 /アクセス
0866-90-0567

秋冬もノミ・ダニ予防!! どうぶつと人の健康を守りましょう
だて動物病院では、春から秋までだけでなく、冬も含めた〝通年でのノミ・ダニ予防〟をおすすめしています。
ノミ・ダニの被害は、どうぶつだけでなく人にも及び、特にマダニは SFTS など命にかかわる怖ろしい感染症を媒介します。SFTS は2018年7月までに全国368症例で63名が死亡し、2019年5月には岡山市でも発生が報告 されています。
SFTS(重症熱性血小板減少症候群)
SFTSウイルスを病原体とする感染症です。SFTSウイルスを保有するマダニに咬まれることで感染しますが、感染した犬や猫のよだれ・鼻水・血液が粘膜に触れたり傷口に入ってしまうことでも感染します。ダニの中でもマダニは種類が多く全国に分布していますが、人へのSFTS感染報告は西日本に集中しています。
症状
初期症状は発熱、嘔吐・下痢、食欲低下など。重症化すると死に至ります。
※犬は感染していても無症状の場合があります
治療法
残念ながら現時点で有効な治療法はありません。ダニの「予防」が唯一の感染対策となります。
ダニは山間部だけでなく身近な生活環境の中に潜んでいます。
秋冬であれば落ち葉の下などに棲息していることもあります。
毎月1回のお薬でしっかり予防しましょう!!
食べるタイプがおすすめです
ネクスガード
背中に垂らすタイプが手軽です
マイフリーガード猫用