岡山県総社市 だて動物病院 犬猫診療 トリミング
トップ > 医療機器

医療機器

だて動物病院では動物にやさしい診療・検査・手術をモットーに、新しい医療機器を多数導入しています(例:超音波画像診断装置、内視鏡、レーザーメス、超音波スケーラー、マイクロバブルなど)。2013年9月からは超音波手術装置ソノサージも本格導入し、縫合糸を用いない、より低ダメージで低リスクな手術も可能になりました。
【検査関連機器】

撮影したレントゲン画像をデジタル処理することにより、PCのモニターで確認することができます。肺野、心臓、肝臓や腎臓などの腹腔内臓器の形態的な異常や、関節・骨の構造異常をみつけることができます。拡大やコントラストの調整の他、計測や過去の撮影画像との比較も容易におこなえます。

血液検査、尿検査、糞便検査等に用いたり、腫瘍の細胞形態の観察をおこなったりする機器です。

 
どうぶつの体に傷をつけることなく、超音波を利用して体内の様子を画像に映し出す装置です。肝臓、腎臓など腹部の臓器の確認や、心臓の動き、血流などを正確に評価できます。病気の早期発見、病状の把握、経過観察に、今やなくてはならない検査機器です。
誤食による胃内異物の摘出、胃・十二指腸・大腸の病変探査を行なう機器です。開腹手術を行なわず検査・処置をおこなえるため、どうぶつの負担を減らす事ができます。
 
主に不整脈の診断に用います。心電図波形を解析することで心臓の傾き、サイズの拡大等の評価を行います。
【血液検査機器】
血液生化学検査…フジドライケム7000V
肝・腎障害の程度、体内のミネラルバランス、タンパク量(アルブミン)の評価等を行う検査機器です。
 
血液中の白血球、赤血球、血小板数の評価を正確、迅速に行う機器です。
ごく初期の体内の炎症反応を検出する検査機器です。体内に腫瘍性の問題があった場合なども異常値が認められます。ワンちゃんに限定した血液検査機器です。
 
採取した血液を遠心分離器で固形成分と血漿に分けてタンパク質の量などを調べる器械です。
従来まで、ホルモン濃度の測定は外注検査を行っていましたが、この機器の導入により、院内で迅速に検査を行うことが可能になりました。 ワンちゃんの副腎ホルモン濃度、甲状腺ホルモン濃度の測定が可能です。
 
【歯科・眼科機器】
歯周病や口臭の予防のために歯石を取り除く専用機器です。超音波で効率良く除去することができます。
 
ぶどう膜炎、緑内障の診断に用いる機器です。点眼麻酔を必要とせず、どうぶつへの負担を抑えながら迅速な測定が可能です。
【耳科機器】

耳の内視鏡システムです。耳道や鼓膜の観察、組織採取、ポリープ切除、異物除去、洗浄などができます。

【治療器】

マイクロバブルとはとても細かい泡のこと。(バスタブ内で水に溶けて白いケムリのように見えるのがマイクロバブルです)これによって、毛穴の奥すみずみまで汚れをとることが可能で、同時にマッサージ効果があります。皮膚トラブルのある子(アレルギー、皮膚炎)、体臭、抜け毛が気になる子におすすめです。

だて動物病院は岡山県総社市にある動物病院です。動物にやさしい診療・手術をモットーに、安心と健康を守るお手伝いをしています。だて動物病院ではトリミングもおこなっています。だて動物病院はホーム動物病院グループの動物病院です。(グループ代表 : 伊達成寿 / グループ病院 : まび動物病院 )
ホーム動物病院グループ だて動物病院 〒719-1155 岡山県総社市小寺530-6 TEL 0866-90-0567