だて動物病院

岡山県総社市中央2丁目23番34号 /アクセス
0866-90-0567

ケアの話
第2回目 トリミング編
その2 長毛種のブラッシング方法
用意するもの
スリッカー、ピンブラシ、コーム、ピンコーム
ピンブラシ
主に毛の長い子・毛質の弱い子に適しています。スリッカーより毛に負担が少ないです。
ピンコーム
主に頭の毛をセットするときに使います。
Let's try!
1ピンブラシでブラッシング
毛の根元から毛先に向かってといていきましょう。
毛が長いので、しっかり毛を分けてブラッシングしていきます。
このとき毛玉や毛のもつれがある場合は、無理に引っ張らず毛玉(もつれ)の根元を持って皮膚を引っ張らないように毛先のほうからといてあげて下さい。
毛玉が大きい場合はスリッカーを使ってください。
毛玉を取るときには、皮膚に直接ピンブラシ(スリッカー)が当たらないように気を付けましょう。
2毛の短いところはスリッカーでといていきましょう。
サマーカット編同様、足先等の皮膚の薄いところには気を付けてあげてください。
3ブラッシングが終わったら
コームで全体をとかし、毛玉・毛のもつれがないかチェックしましょう。
4頭の毛が長い子の場合
ピンコームで頭の毛をまとめてあげましょう。
Before
After
ご不明な点は当院トリマー・山本までおたずねください。
また、プロの手でしっかりお手入れをという時はどうぞ当院におまかせください。
ご予約お待ちしています。
0866-31-5156